ひとり言

ロコモとメタボ

『運動器症候群』を意味するロコモティブシンドローム(以下ロコモ)は、平成19年に日本整形外科学会が提唱しました。ちなみに運動器は骨・関節・靭帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え、動かす役割をする機関の総称です。

「メタボ」に比べ、「ロコモ」はまだ知名度が低いように感じます。  

ロコモの直接の原因は変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、関節リウマチなどの「運動器自体の疾患」と、加齢による筋力・持久力・バランス能力などの低下による運動機能そのものの低下、いわゆる「加齢による運動器不全」の二つがあります。  

この二つの原因により、階段を登るのに手すりが必要である。支えなしに椅子から立ち上がれない。15分連続して歩けない。片足立ちで靴下がはけない。転倒の不安が大きい。などの状態を「ロコモ」と言います。これらの症状が引き金となって、負の連鎖が始まり、ついには立って歩く、衣服の着脱や、トイレなど最低限の日常生活動作(ADL)にも支障をきたし、閉じこもり、寝たきりなどの介護が必要な状態「要介護状態」になる可能性大となります。  

一方の『代謝症候群』を意味するメタボリックシンドローム(以下メタボ)平成元年にWHO(世界保健機関)がメタボリック症候群の名称で診断基準を示しました。日本では平成20年から特定健診で日本独自の健診基準を設け、糖尿病対策として栄養指導などをしてきた関係でいまでは広く知られるようになりました。  

一見なんの関連性もなさそうな二つですが、実は非常に深く関係しています。

「メタボ」は、内臓脂肪型肥満によって脳血管障害、心疾患、糖尿病などの様々な病気が引き起こされやすくなった状態を意味しています。  

「メタボ」の中心的な問題は肥満であり、その肥満こそが「ロコモ」にも多大な影響を与えます。  

例えば、「ロコモ」を構成する疾患の一つである変形性膝関節症は、肥満の人ほどリスクが高くなります。

膝には、歩行中は体重の約2~3倍、階段の上り下りでは約5~7倍の負担がかかります。例えば、標準体重よりも5キロ多いと、歩行中は10~15キロ、階段では25~35キロもの余計な負担がかかります。

ですから、太っている人が食事や生活習慣を改善し、体重を減らしただけで、膝の痛みが解消された例もあります。膝の痛みを感じたら、まずは体重に目を向けてみましょう。 膝だけに限らず、体重の重さは体の様々な部分に対して負担を増大させます。

また、肥満気味だと体を動かすのがおっくうになり、運動機会がますます損なわれ、筋肉の衰えを助長してしまうケースも考えられます。

「メタボ」が「ロコモ」悪化の要因の一つであることがよく分かります。  逆に「ロコモ」が「メタボ」を誘発するパターンもあります。

膝や腰に痛みがある「ロコモ」の状態で、ほとんど体を動かさなくなり、そのうえ食生活も栄養バランスの偏ったメニューばかりを食べていたらどうなるでしょう。 おそらくあっという間に体重が増え、「メタボ」のリスクが高まります。  

このように、「メタボ」と「ロコモ」は、お互いにマイナスの影響を与え合う存在なのです 特に運動習慣とバランスのよい食生活は「脱ロコモ、メタボ」に欠かせません。

「脱ロコモ、メタボ」のポイントをまとめてみました。

①食事は腹八分目

②野菜から先に食べる

③間食をしない

④毎日、体重計に乗る

⑤毎日、適度な運動をする

高齢者でも元気に歩ける方のほとんどがスマートな体型をされている方だと思います。

若いうちから健康に気遣い、年を重ねても、さっそうと街を歩きたいものですね。

かくいう私は今、「メタボ」状態です。この5つのポイントを実践して「メタボ」の解消と、「ロコモ」にならないようにしなければと強く思います。

号泣でストレス解消できる?

泣いてたくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意なども軽減されるのだそうです。

これは涙を流すことによって、脳がリラックスした状態のときに働く副交感神経のスイッチが入るためと言われています。

痛みをこらえたりして流す涙には効果はないようです。これは感情的に泣くこと、特に「感極まって泣く」涙の効果が最も大きいといわれています。

しかも、このストレス解消の効果は持続性が高く、週末に数分間号泣すれば、一週間くらいは心が穏やかな状態が保てるのだとか。

と言われても・・・なかなかね。特に、男性はむずかしいですよね。

今度車の中で悲しい物語のビデオでもみて試してみようかと思います。

心に残るお問い合わせ

「○病院から△老人ホームまではいくらかかるか?」といった料金に関するお問い合わせの電話をよくいただきます。

お問い合わせの9割はこういったどこからどこまでの料金はいくら?といったものです。その時、その時で丁寧に説明し、お答えをしています。

 不思議ですが、こういったお問い合わせから、ご依頼に至ることはほとんどありません。

 そんななかで、最近、印象深いお問い合わせをいただきました。 それは、「御社のドライバーさんの介護に関する資格と、どのような経歴をお持ちか教えていただけますか」というお問い合わせでした。

 その方はお体の不自由なお母様を介護タクシーで転院させるにあたって、どんなドライバーなら安心できるか考え、ドライバーの資格と経歴(医療・介護現場の経験者かどうか)を介護タクシー事業者の何社かに聞いてみたと話されていました。その要件が、当社にご依頼をいただく決め手となったようです。  

 こんな問い合わせをいただき、ご依頼をいただくと、ご家族、ご利用者様の信頼に真剣に答えねばという思いがこみ上げてきます。(どんな時でもその思いは心に秘めていますがさらにということで)

 「誠意に勝る奉仕なし」わが恩師の言葉、あらためて心に刻みました。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

脳が若返るトレーニング

 中高年になると、「物忘れがひどくなった」、「ミスが増えた」などと訴える人が多くなります。実をいうと私も最近、車のキーや携帯電話を置き忘れ家中探しまくったりしています。でも、一言に老化のせいとはいえないかもしれません。

 調べてみると実は、脳というのは人間の体の中で最も長寿な器官。鍛えれば最大百二十歳まで生きる力を持っているそうです。普段の生活の中では決まった範疇の脳しか使いませんが、新たな刺激を与えることで、今まで使われなかった脳細胞が活動し始め、実年齢に関係なく成長するのです。

  一番重要なことは『記憶』を辿ることなのだそうです。夜寝る前に十代、二十代の頃、そして一週間前ぐらいのことを思い出し、そのときの自分の感情を思い出します。そのうちウトウトし、それがそのまま睡眠導入にも繋がります。

 そして、もう一つお勧めは、『未来日記』をつけることです。例えば、まず今日の朝食・昼食・夕食を書き留めます。特に朝、何を食べたのか思い出せないことが多いかもしれませんが、毎日トレーニングしていくうちに鮮明になっていくでしょう。次に、最も重要なポイントですが、この日記の最後に『明日の楽しみ』を一言付け足します。内容は何でも構いません。明日はあの洋服を着ようとか、朝はあれを食べようとか、あの人に電話してみようとか、楽しい未来を想像しながら書くといいですね。

 人は、普段の生活の中でたった1%の脳しか使っていないそうですから、脳を研ぎ澄ますことで『認知症』や『物忘れ』などの改善に繋がるそうです。『記憶を辿る』+『未来日記』を毎日続けていくうちに、脳が活性化し、新しい脳力が開花していきます。「物忘れは歳だから仕方ない」などといわずがんばりましょう。

認知症の行方不明者1万人

先日、NHKで認知症の特集番組を放送していました。その中で認知症の人やその疑いがある人が徘徊(はいかい)などで行方不明になったとして警察に届けられた件数について、警察庁が去年(平成25年)はじめて公表したと報じています。その数は、おととし(平成24年)1年間で、のべ9607人、死亡は359人。さらにこの24年末の時点でも行方が分からないままの人は208人に上ることが分かりました。

  NHKの独自の取材では徘徊で保護したものの、認知症のため名前や住所が分からず、身元が分からないまま施設で暮らしている人もいることも分かりました。こうした人は、取材時に全国で少なくとも4人いました。このうちのお一人は7年間身元が分からず保護されていましたが、放送によって身元が判明したことが後日ニュースで放送されていました。

 対策についても取材されています。すでに20年前から釧路で警察や行政、民間などがネットワークを組んで、地域ぐるみで行方不明者を捜す「SOSネットワーク」という取り組みがされていました。残念ながら導入しているのは全国の自治体の3分の1にとどまっていて、しかも、活発に稼働しているのはその半数以下にとどまっていました。しかし一方、ネットワークが機能している地域では多くの命が救われていました。 ネットワークの稼働には、警察や行政だけでなく、地域の人たちの力を結集する必要があります。スムーズな連携をいかに作り上げるか、なかなか難しい面があるようです。

 認知症を患う高齢者は増加の一途をたどります。徘徊による問題はこれから一層深刻になるはずです。少しでも早く、効率的な対策やシステムが全国に普及し、認知症の高齢者を徘徊で行方不明にしない地域社会が実現してほしいと思います。

花よりも・・・

たまに前をとおる、お隣あきる野市にあるお地蔵様の立札。いつも心にしみる言葉が張られています。

IMG_1476[1].JPG

記録的大雪と駐車場とおもてなし

IMG_1080.JPG

2月8日から9日にかけて東京は44年ぶりという記録的な大雪に見舞われました。

8日の早朝から降り始め、みるみる積もっていきました。その夜には、路面はもう見えず、センターラインや横断歩道の白線もどこかわからない

ほどの雪が積もり、凍結していました。道路の端にはおそらく50センチ以上と思われる雪の壁が出来ていました。

コンビニや、ファミリーレストランの駐車場にも相当の積雪があり、車で入ることができそうになく、寄りたいけど寄れない状態で、

どの店の駐車場にも車は入っていきません。度胸よく入っていった車は立ち往生していました。当然どのお店もお客は入っていませんでした。

しかし、中華系のレストラン数軒が駐車場の雪を見事に掃いて、駐車場の片隅に雪の小山が出来ていました。これらの中華系のレストランでは、

事前の大雪の情報から駐車場の雪掃きの体制を作ってあったのだと思います。

  そのおかげで安心して車が入れるようになっていました。ほかのお店には入りたくても入れない状態ですから、そこはもう車が入れるだけ入っ

て店内も賑やかそうでした。この日そういったお店で、食事ができたお客はいつもの数倍幸せを感じたと思います。

コンビニも、ほかのファミリーレストランも、駐車場にそれほどの雪が積もるということも、また、雪掃きが必要になるなど想定もしていなかったので

しょうか?

あの夜のコンビニやファミリーレストランの店舗の明るい照明と手持無沙汰の店内のスタッフがなんとも恨めしいと思ったのは私だけでしょうか?

「お・も・て・な・し」はどこにいったのでしょうね。

 

 

映画 永遠の0(ゼロ)を見て

いま話題の映画、永遠の0(ゼロ)を見ました。原作は400万部を超える記録的ベストセラーです。

祖母の死をきっかけに、太平洋戦争でゼロ戦による特攻で戦死した実の祖父、宮部久蔵の存在を知った孫の姉弟が、その祖父の謎めいた人物像を紐解いていくミステリーの要素を持った物語です。

すべての謎が解けた時、宮部久蔵が生きた時代と現在が見事につながります。私の勝手な解釈ですが、宮部久蔵はこよなく家族を愛し、仲間を愛した一人の人間です。そして、その思いを戦争という不幸な出来事に屈せず、命を賭けて貫き、現在の家族や、生き残った戦友たちの幸せの礎や生きる指標になったのだと思いました。

太平洋戦争は今から約70年前に起こった事実であり、宮部久蔵や戦友と同様に、多くの方々が尊い命を落とされ、また生き延びてきた方たちも、彼の家族のように、今の私たちでは想像できないほどのつらく悲しく、苦しい体験をされてきたことでしょう。

私たちが暮らす日本の平和はこういった多くの方々の尊い犠牲の上に成り立っていることをこの物語は思い出させてくれました。

私の出身地では、招魂祭という行事があります。地域住民はもとより、私が小学生だった頃は小学生、中学生も参列して戦没者の慰霊碑に祈りをささげ、冥福を祈りました。

今でも家族が戦死していたり、空襲で命を落とした家族がいたりということが身近にあるはずです。現在80歳以上の高齢者のほとんどの方が戦争体験者のはずなのですから。

この映画は特撮によるリアルな戦闘シーンも売り物ですが、技術はすごいのでしょうが、とても悲しい光景です。

この映画を見たり、原作を読んだ多くの人に、戦争の愚かさと平和であることの幸福を実感してほしいと思いました。

私はこの映画を2度見ました。でもまた見たいと思っています。

名言

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。  

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

- マザー・テレサ

思考が連鎖的に運命に影響していくということでしょうか。

だとしたら、常に前向きに、ポジティブな思考を持つことによって、

人は幸せを手に入れることができるはずですね。

私は幸せでありたい。といつも考えるようにしよう。

悩み

IMG_1448.JPGたまたま前を通った八王子市郊外のお寺の掲示板、悩みってこんなものか、と思わせてくれるお言葉ですね。それより、新しい希望を持ちたいものです。

 

1  2  3  4

PAGE TOP