名言

名言

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。  

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

- マザー・テレサ

思考が連鎖的に運命に影響していくということでしょうか。

だとしたら、常に前向きに、ポジティブな思考を持つことによって、

人は幸せを手に入れることができるはずですね。

私は幸せでありたい。といつも考えるようにしよう。

介護タクシーなら

真の人生

靴屋さんなら、人が喜んでいつまでも履いてくれる靴をつくる。

食べ物屋さんならば、人に喜んで美しく食べてもらえるものを作る。

そういう生き方で生きてゆく、

それが真の人生というものではなかろうか。

 

坂村 真民の詩です。

 

介護タクシーなら、移動に難儀している人に、喜んで乗って使ってもらえる車を運転する。そういう生き方でありたいですね。

 

クリックの数でランキングが上がります。ランキング応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

介護タクシー東京 介護タクシー料金

坂村 真民の詩

消えないもの

                                坂村 真民

消えないものを

求めよう

 

消えないものを

身につけよう

 

消えてゆく身だけれど

消えないものがある

 

それは愛

そして真心

 

 

真民の詩、私は好きです。

クリックの数でランキングが上がります。ランキング応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 

 

マザーテレサの言葉

大切なのは、

どれだけたくさんのことをしたかではなく、

どれだけ心をこめたかです

マザーテレサの言葉です。とてもシンプルな言葉で、わかりやすく、かつ重みや説得力がありますね。

相手を思いやる心、それが一番大事だということだと思います。どんな仕事をしても、心がなければ、何にもならない。

そんな気がします。

 

クリックの数でランキングが上がります。ランキング応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 

 

めぐりあい

 めぐりあい

あなたにめぐりあえて

ほんとうによかった

ひとりでもいい

こころから

そういってくれる

ひとがいれば

 

相田みつをの詩です。 こんな仕事ができるように日々努力です。

 

ランキング応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 

続 仏教詩人の詩

『一本の道を』


木や草と人間と

どこがちがうだろうか

 みんな同じなのだ

 いっしょうけんめいに

生きようとしているのをみると

 ときがくれば彼等が

人間より偉らいとさえ思われる

彼らはときがくれば

花を咲かせ

実をみのらせ

じぶんを完成させる

それにくらべて人間は

何一つしないで終わるものもいる

木に学べ

草に習えと

わたしはじぶんに言いきかせ

今日も一本の道を歩いて行く


坂村真民の詩です。

介護の仕事のなかで、年をとるにつれ、社会的な地位を失い、体力を失い、友を失い、最たるは記憶を失

いと、長い人生で身につけてきたものを少しづつ失いながら、でも、懸命に毎日を送る方々の生活を支援

させていただきました。その方たちの多くはよき思い出の日々を胸に抱いていて、いろいろなお話を聞か

せていただきました。でも、中には、自分は不幸だと嘆くだけの方もいました。

あるときから、人間はいかに生きていくのか。自分はどう生きて、そして、どう死んでいくのか。

そんな自問自答をしていました。

坂村真民さんの詩のなかに、答えが見つかるような気がします。

応援よろしくお願いします。11月15日現在ランキング2位になりました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

仏教詩人の詩

 少し前、四国八十八か所めぐりをテレビで見ました。ぼんやりみていたので、はっきりとは覚えていないのですが、お堂に「念ずれば花ひらく」と書かれた色紙が置かれているのを見ました。

 「念ずれば花ひらく」この言葉が心に残り、調べてみました。

これは仏教詩人といわれる坂村真民の有名な詩の題名でした。

この詩は全国に石碑があるそうです。

【 念ずれば花ひらく 】
 

念ずれば

花ひらく

 

苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった

「思いを込め、努力すれば現実になる」そのようなことを教えてくれているような気がします。

「坂村真民」の詩をもっと勉強しようと思います。


 ランキング応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

本気という詩

本気

本気ですれば、大抵なことは出来る

本気ですれば、何でも面白い。

本気でしていると、誰かが助けてくれる。

人間を幸福にするために、本気で働いているものは、

みんな幸福で、みんな偉い。

後藤静香(ごとうせいこう)という大正から昭和期に活動した社会教育家の詩です。

最初の三行、まさにその通り、そのくらい本気で生きていこうと思うのです。


 ランキング応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

1000%の思い

100%を伝えるためには、100%の思いを込めて話をする。

しかし、実際にはその程度の思いでもあかんのやな。思いがまだ足りんわけや。

部下に伝わっていくうちに、しまいには10%ほどになってしまうよ。

100%を部下の人たちに伝えようとするならば、責任者は1000%の思いを込めないといかん。

上司のほうが部下より力がなければ部下が逃げるか上司を放り出す。

したがって組織体ではトップより力のある部下はひとりもいない。


 何かを人に伝えることのむずかしさを考えていた時、ふと目にとまった言葉です。

 これは松下幸之助氏の言葉。この言葉の意図するところは、会社組織の中でのことだと思います。

 しかし、講師も思いを伝えることは共通ですし、講義を受けている受講生は、いずれ介護職となって職場に出ていく可能性を持った人たちです。その介護の職場で働くための基本的な介護の考え方や、技術をいま正確に伝えなければ、彼らに仕事をしてもらえないのですから。

 「100%を伝えるには1000%の思いを込めろ」この言葉は重く響きました。
 
 自分の意志、思いを他人に伝え、その人の心に刻み込むにはこれだけの努力をしなければ、伝わらない。

 本当にそんな気がします。

 ランキング応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

松下幸之助のことば

 故松下幸之助氏の言葉です。道という題でちょっと長い文章です。

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない、自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのない道。

広い時もある。せまい時もある。のぼりもあれば、くだりもある。

坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗することもある。

この道が果たしてよいのか悪いのか試案に余る時もあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろというのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。

自分しか歩めない大事な道ではないか、自分だけに与えられているかけがえのない道ではないか。

他人の道に心うばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。

道をひらくためにはまず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道が開けてくる。

深い喜びも生まれてくる。


この言葉は、「すすめ。とにかく自分の信じたことをやり遂げろ」といっていると私は思っています。

開業をきめたとき思い出しました。介護タクシー、やり遂げよう。

1  2

PAGE TOP