運転

運転は慎重に!

今日、午前8時30分頃、私の自宅兼事務所の先、数十メートルのとおりで人身事故が起きました。トレーラーが交差点を右折しようとしたところ、横断歩道を渡っていた人を右後輪に巻き込んだ事故のようでした。被害者はトレーラーの右後輪の前に挟まった形で倒れていました。若い女性のようで、男性二人が付き添い、毛布を掛け、見守っていました。救急車も、パトカーもまだ到着前の事故直後に私が表に出て見た光景です。ほどなく、救急車が到着し、女性は救助されました。

その後の現場検証は、警察官や鑑識官など約15名ほどの人たちによって、お昼過ぎまで現場を通行止めにして行われていたようです。

被害者の方は大丈夫だったのだろうか、トレーラーのドライバーさんはどうしたろうか、誰も事故など起こしたくないと思ってハンドルを握っているはず。でも、一度起こしてしまうと自分と被害者だけでなく、どれだけの人に影響を与えてしまうのだろう。想像もつきません。 この事故の被害者の方のけがが少しでも軽いものであってほしいと願います。

運転はどれだけ注意してもしすぎることはありません。運転は慎重に。あらためて、安全運転を心に誓いました。

クリックの数でランキングが上がります。ランキング応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 

 

圏央道高尾山インターが開通

 圏央道高尾山インターチェンジが平成24年3月25日(日)に開通するようです。関連ホームページはこちらhttp://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/

 中央道と圏央道のジャンクションから高尾山をトンネルで抜け、高尾山インターで国道20号につながります。ここからさらに圏央道は神奈川県相模原市緑区に入り、相模川沿いを南下していきます。神奈川県側もかなり工事が進んでいると聞きます。あと一つ先の相模原市緑区内のインターが完成すると私のふるさとがとても近くなります。
 
 高尾山インターの開通でも20号沿い中央道相模湖インターまでの間へのアクセスが良くなると思います。埼玉方面から高尾山へのアクセスは抜群に良くなります。高尾山観光の人出がさらに期待できるでしょうね。

 圏央道は最終的に東名高速に接続されると聞きます。そうしたら埼玉や、西多摩方面からも東名高速がとても近くなるでしょうね。全線の開通が待たれます。

ランキング応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

気をつけよう狭い道

 今月になって、コールセンターから依頼が2件入りました。どちらも病院を退院し、施設へ入所するための移動です。開業して間もないということでか、どちらの利用者も車いすの方です。比較的安定している利用者さんの依頼を数こなして、運転になれていくようにという新人への気配りでしょうか。

 今日は、近所を通ったのでそのうちの施設の一つの周辺を下見してきました。

 駅に隣接し、駅から徒歩3分の好立地の施設です。が、すれ違いのできない道路を通らなければならないようで、車でのアプローチがとても厳しいかな?といえるところでした

 車がでかいだけに狭いところは避けたいのですが、依頼をこなしていると病院や施設周辺の道路は意外に狭いことが多いですね。駐車場もせまく、機転を利かせる必要があったりします。運転はより慎重かつスムーズにと心に言い聞かせています。

 地図とナビでもう一回下調べをしよう。

 前にも書きましたが、いまはまだ、依頼をいただくと、そのお迎え場所、お送り先を調べるのに時間をかけています。

 利用者さんには安心して乗車してもらい、自分も自信を持って、車を進められるようにするには今のところそれしかありませんね。

 ランキング応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

中型限定免許3

 先週、教習所で中型限定解除の技能試験に合格したのでさっそく府中免許試験場に行き限定解除の手続きをしてきました。案内に行きどこの窓口か確認すると9番の住所変更と同じ窓口でした。住所の変更の人たちに交じって順番をまち、「限定解除です」とつたえると、申請書を作ってくれました。それを持って1番の窓口で申請料1,700円を払って、2番で視力検査、9番に戻って申請書と免許証を出して10分ほどまっていると名前を呼ばれました。行くと、免許証の裏に今日の日付と「中型車限定解除」並んで四角の枠に囲まれた[東京公委]の文字がゴム印で押されているのを確認、係官に「気を付けて運転してください。」と言われ免許証を受け取りました。この間、約30分で終了。これで11トン車や29人乗りマイクロバスが運転できるようになりました。ヤッタ!
 
免許試験場へ行くのに福生駅に行くと構内にはもう七夕まつりの飾り付けがありました。今年は8月4日〜7日に開催です。

P1000661.JPG

P1000659.JPG

P1000658.JPG

 P1000655.JPG

P1000657.JPG

中型限定免許2

昨日、教習所で中型免許の検定試験を受けました。約10分くらい構内を走り、S字、クランク、方向転換、路端停止(うまくやらないと車のお尻がポールと接触する)隘路(交差点を右左折どちらかで、路面にあるライン内に車体をおさめる)後方感覚(バックして後方にあるポールに50センチ以内につける)をします。なんといっても試験ですから緊張しました。落ち着いて、ゆっくりでいいからと心に言い聞かせ、車体の長さと、後輪の位置とくに左側を意識し、脱輪しないよう気を付けました。今回二人試験を受けましたが、もう一人の人は交差点左折で脱輪してしまいました。試験を終わって約30分ほど待たされ、結果を聞きました。やった合格、もう一人の人はやはり脱輪で不合格でした。合格証書をもらい、3か月のうちに運転免許試験場へいって、手続きすればいま免許証の裏に限定解除のハンコを押してくれるそうです。来週さっそく行こうと思います。

中型限定免許

 いま中型免許の限定解除のために教習所に通っています。規定の教習時間は5時限で、今日で4時限をこなしたところです。平成19年6月に道路交通法が改正され、普通、中型、大型に免許が分けられました。改正前の普通免許は中型限定となり、車両総重量で5トンから8トン、定員10名まで運転できるという免許になりました。本来の中型は5トンから11トン、定員は29名までです。
 普段運転する機会はない中型トラックの運転は、同じ道路を走る車でも大きさが違うと運転の感覚がこんなに違うのかと驚きです。前輪と後輪の内綸差の大きさは想像以上ですし、後輪から後ろのオーバーハングが長く、路端から鋭角に車体の向きを変えて発進すると後部が逆に膨らみ路外に出てしまいます。普通自動車にはありえないですよね。大型はもっと違うのだろうなー。と思いました。いい経験です。

1
PAGE TOP