グッドケア・グッドドライビング

脳が若返るトレーニング

 中高年になると、「物忘れがひどくなった」、「ミスが増えた」などと訴える人が多くなります。実をいうと私も最近、車のキーや携帯電話を置き忘れ家中探しまくったりしています。でも、一言に老化のせいとはいえないかもしれません。

 調べてみると実は、脳というのは人間の体の中で最も長寿な器官。鍛えれば最大百二十歳まで生きる力を持っているそうです。普段の生活の中では決まった範疇の脳しか使いませんが、新たな刺激を与えることで、今まで使われなかった脳細胞が活動し始め、実年齢に関係なく成長するのです。

  一番重要なことは『記憶』を辿ることなのだそうです。夜寝る前に十代、二十代の頃、そして一週間前ぐらいのことを思い出し、そのときの自分の感情を思い出します。そのうちウトウトし、それがそのまま睡眠導入にも繋がります。

 そして、もう一つお勧めは、『未来日記』をつけることです。例えば、まず今日の朝食・昼食・夕食を書き留めます。特に朝、何を食べたのか思い出せないことが多いかもしれませんが、毎日トレーニングしていくうちに鮮明になっていくでしょう。次に、最も重要なポイントですが、この日記の最後に『明日の楽しみ』を一言付け足します。内容は何でも構いません。明日はあの洋服を着ようとか、朝はあれを食べようとか、あの人に電話してみようとか、楽しい未来を想像しながら書くといいですね。

 人は、普段の生活の中でたった1%の脳しか使っていないそうですから、脳を研ぎ澄ますことで『認知症』や『物忘れ』などの改善に繋がるそうです。『記憶を辿る』+『未来日記』を毎日続けていくうちに、脳が活性化し、新しい脳力が開花していきます。「物忘れは歳だから仕方ない」などといわずがんばりましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichigocare.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/631

PAGE TOP