ホーム > グッドケア・グッドドライビング > スタッフの日記 > ◎東京消防庁認定事業者になりました
グッドケア・グッドドライビング

◎東京消防庁認定事業者になりました

IMG_0094.JPG

 いちごケアタクシーは今までも利用者様に対して安全、安心の送迎を実施するために、自己研鑽を重ねてきましたが、さらなるスキルアップを図るため、本年4 月この認定基準に適合し、東京消防庁の認定事業者となりました。車両には「東京消防庁認定民急患者搬送車」という表示をすることが許可されています。ただ し、消防機関の認定があるとはいっても、緊急に医療機関への搬送が必要と判断される患者について搬送することはできません。 消防機関では、一般に介護タクシー等が行っている、要介護高齢者や身体障害者、傷病者等の医療機関への入退院、通院および転院ならびに社会福祉施設への送迎事業を「患者等搬送事業(通称民間救急、略称では民急)」と規定しています、

その事業を利用する利用者の安全、利便の確保、さらに事業者の質的向上を図るため、乗務員の資格や使用する車両の構造等について消防機関が一定の基準を定め、それに適合する事業者を認定し、ホームページなどを通じて広く住民に公表しています。

認定基準の主な条件は、乗務員に対して、「患者等搬送乗務員基礎講習の受講」し、「患者等搬送乗務員適認証の交付」を受けること、さらに、その後も「定期講習の受講」が義務付けられています。これにより、乗務員は搬送技術や救命救急技能の取得、各種の感染症に対する対応などを学ぶことができます。

使用する車両に関しては「ストレッチャー及び車いすを確実に固定できる構造」をもつこと、「携帯できる通信設備を設置」すること、「応急手当、救命救急に必要な資器材を搭載」することなどが規定されています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichigocare.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/630

PAGE TOP