ホーム > グッドケア・グッドドライビング > > 医療崩壊で死亡率、医療費、救急車の搬送回数すべてが下がる
グッドケア・グッドドライビング

医療崩壊で死亡率、医療費、救急車の搬送回数すべてが下がる

北海道夕張市は財政破たんにより市内唯一の私立病院が無くなりました。高齢化率は45%にもなる市民はどうなってしまうのかと思われましたが、驚いたことに、結果として市民の健康は財政破たん前より健全に保たれたのです。 いったい、夕張市で何が起こったのでしょうか。 日本人の病気の大半は、生活習慣病から来ているといいます。生活習慣を変えれば病気になりにくいということはわかっていてもなかなかできないのが現状です。そして、症状が出てしまったら、医療のお世話になるというパターンが出来ているように思います。 しかし、夕張では頼る医療が無くなり、必然的に自分たちで健康を維持する努力をしなければならなくなったのです。となり近所で誘い合いながら、工夫を凝らしてきたその結果、病気の発症が抑えられ、当然病院、医療のお世話になることが少なくなったのでしょう。 医療に頼らなくなった結果、高齢者も自宅で地域に温かく見守られ天寿を全うするようになりました。 そうはいっても医療体制が整わないことがいいことではありません。不慮の怪我や病気のために、医療体制も万全に越したことはありません。 夕張市にも医療体制が一日も早く整うことを願いますが、医療に頼ることなく、自分たちができることで病気を予防する。この気持ちを強く持つこと。これだけは見習っていかねばならないものだと思います。なかなかできないことですが...(メタボの解消...努力します!)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichigocare.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/626

PAGE TOP