ホーム > グッドケア・グッドドライビング > ケア > 【ヒートショックにご注意】 
グッドケア・グッドドライビング

【ヒートショックにご注意】 

久しぶりに更新です。  

 寒い日が続きますね。冬場は入浴中に意識を失い、溺れる事故が多くなります。その主な原因は、暖かい場所と寒い場所の温度差による血圧の急激な変動です。

 これは『ヒートショック』と呼ばれ、心筋梗塞や脳梗塞、意識障害などが起こりやすくなります。

 これらを防ぐには温度差が大きくならないよう、脱衣所に暖房を入れ、浴室はシャワーをまいたり、浴槽の蓋を開けて湯気を充満させるなどして事前に暖めておきましょう。

 お湯の温度は三十八度~四十度ぐらい。心臓から遠い場所からかけ湯をし、湯船に入るといいでしょう。

 また、入浴で汗をかくため、血液中の水分量が不足しないよう、前後にコップ一杯の水分をとる習慣を。

 体調が悪いときや飲酒後の入浴は避けてくださいね。快適、かつ安全な入浴を日頃から心がけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichigocare.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/625

PAGE TOP