2013年12月

悩み

IMG_1448.JPGたまたま前を通った八王子市郊外のお寺の掲示板、悩みってこんなものか、と思わせてくれるお言葉ですね。それより、新しい希望を持ちたいものです。

 

くじけないで

100歳の詩人、柴田トヨさんをご存知でしょうか。彼女の詩集「くじけないで」は168万部という大ベストセラーになりました。

 その詩集を原作にして、柴田さんの半生を描いた同名の映画「くじけないで」を見ました。

 柴田トヨさんを八千草薫さん、優しくて短気な息子を武田鉄也さん、しっかり者のお嫁さんを伊藤蘭さんが演じ、トヨさんと家族を軸に、トヨさんの半生を描く、心温まる内容でした。それはトヨさんが詩で描いた世界をリアルな映像にしたものになっていたように思います。

印象に深かったのは、詩を始めたエピソード、90歳になって、息子にやったこともない詩作をすすめられ、「そうねえ、人生いつだってこれからだものね」と言って熱心に取り組み始めます。それからはいつも筆記用具をもち、思いついた言葉を書きつけ、週末に息子さんと一緒にその言葉をつないでいく作業を見せてくれました。この作業の繰り返し、積み重ねで詩ができたのです。

柴田トヨさんの詩は優しさや温かさやユーモアを交えながら、人への励ましや、自分を奮い立たせる言葉が印象的です。

だからこそ詩集「くじけないで」は多くの人に愛され、ベストセラーになったのでしょう。

柴田さんのように生きることはなかなかできないでしょうが、せめて口説かず、物事を前向きに考えて毎日を暮していきたいですね。

1
PAGE TOP