ホーム > グッドケア・グッドドライビング

グッドケア・グッドドライビング

ロコモとメタボ

『運動器症候群』を意味するロコモティブシンドローム(以下ロコモ)は、平成19年に日本整形外科学会が提唱しました。ちなみに運動器は骨・関節・靭帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え、動かす役割をする機関の総称です。

「メタボ」に比べ、「ロコモ」はまだ知名度が低いように感じます。  

ロコモの直接の原因は変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、関節リウマチなどの「運動器自体の疾患」と、加齢による筋力・持久力・バランス能力などの低下による運動機能そのものの低下、いわゆる「加齢による運動器不全」の二つがあります。  

この二つの原因により、階段を登るのに手すりが必要である。支えなしに椅子から立ち上がれない。15分連続して歩けない。片足立ちで靴下がはけない。転倒の不安が大きい。などの状態を「ロコモ」と言います。これらの症状が引き金となって、負の連鎖が始まり、ついには立って歩く、衣服の着脱や、トイレなど最低限の日常生活動作(ADL)にも支障をきたし、閉じこもり、寝たきりなどの介護が必要な状態「要介護状態」になる可能性大となります。  

一方の『代謝症候群』を意味するメタボリックシンドローム(以下メタボ)平成元年にWHO(世界保健機関)がメタボリック症候群の名称で診断基準を示しました。日本では平成20年から特定健診で日本独自の健診基準を設け、糖尿病対策として栄養指導などをしてきた関係でいまでは広く知られるようになりました。  

一見なんの関連性もなさそうな二つですが、実は非常に深く関係しています。

「メタボ」は、内臓脂肪型肥満によって脳血管障害、心疾患、糖尿病などの様々な病気が引き起こされやすくなった状態を意味しています。  

「メタボ」の中心的な問題は肥満であり、その肥満こそが「ロコモ」にも多大な影響を与えます。  

例えば、「ロコモ」を構成する疾患の一つである変形性膝関節症は、肥満の人ほどリスクが高くなります。

膝には、歩行中は体重の約2~3倍、階段の上り下りでは約5~7倍の負担がかかります。例えば、標準体重よりも5キロ多いと、歩行中は10~15キロ、階段では25~35キロもの余計な負担がかかります。

ですから、太っている人が食事や生活習慣を改善し、体重を減らしただけで、膝の痛みが解消された例もあります。膝の痛みを感じたら、まずは体重に目を向けてみましょう。 膝だけに限らず、体重の重さは体の様々な部分に対して負担を増大させます。

また、肥満気味だと体を動かすのがおっくうになり、運動機会がますます損なわれ、筋肉の衰えを助長してしまうケースも考えられます。

「メタボ」が「ロコモ」悪化の要因の一つであることがよく分かります。  逆に「ロコモ」が「メタボ」を誘発するパターンもあります。

膝や腰に痛みがある「ロコモ」の状態で、ほとんど体を動かさなくなり、そのうえ食生活も栄養バランスの偏ったメニューばかりを食べていたらどうなるでしょう。 おそらくあっという間に体重が増え、「メタボ」のリスクが高まります。  

このように、「メタボ」と「ロコモ」は、お互いにマイナスの影響を与え合う存在なのです 特に運動習慣とバランスのよい食生活は「脱ロコモ、メタボ」に欠かせません。

「脱ロコモ、メタボ」のポイントをまとめてみました。

①食事は腹八分目

②野菜から先に食べる

③間食をしない

④毎日、体重計に乗る

⑤毎日、適度な運動をする

高齢者でも元気に歩ける方のほとんどがスマートな体型をされている方だと思います。

若いうちから健康に気遣い、年を重ねても、さっそうと街を歩きたいものですね。

かくいう私は今、「メタボ」状態です。この5つのポイントを実践して「メタボ」の解消と、「ロコモ」にならないようにしなければと強く思います。

熱中症セミナーに参加しました

2015062712490000.jpgのサムネール画像

これからの時期、熱中症の対策はかかせませんね。都内で開催されたセミナーに参加してきました。

 熱中症は体液の不足で起こる障害、体温上昇で起こる障害の総称です。

高温で汗をかくと体内の水分が失われ、栄養素、酸素、老廃物の出し入れが滞り、電解質の不足から様々な障害がおこります。これが脱水症。

さらに水分が失われると発汗による体温調節ができなくなり脳を含む内臓全体にダメージが及びます。これが熱中症となります。

 熱中症の症状は三段階。

 軽症Ⅰ度 めまい、たちくらみ、こむら返り 対処は涼しい場所へ移動し、安静、水分・塩分補給

 中等症Ⅱ度  頭痛、吐き気、集中力、判断力の低下 対処Ⅰ度に加え体を冷やす、必ず誰かが見守る。  この中等症までは回復すれば受診は不要ですが、、症状の改善が見られない場合は受診が必要です。

 重症Ⅲ度 応答が鈍い、言動がおかしい、意識障害、発汗停止、高体温 中等症Ⅱ度までの対処行い救急車を要請し医療機関へ。

 東京都の調べでは熱中症の死亡者の約八割が六十五歳以上の高齢者、また、死亡者のうち一人暮らしの方が、約六割をしめます。  この結果を受け、東京都は平成二十四年度から「高齢者を熱中症から守る区市町村支援事業」を実施、熱中症予防担当者による戸別訪問、公民館や市役所などに猛暑避難場所を設置、チラシや予防啓発グッズなどの配布を行っています。

 高齢者が熱中症になりやすい理由は身体能力の低下にあります。

①温度変化を感じにくい

②喉の渇きを感じにくい

③体温を一定に保ちにくい

④汗をかきにくい

⑤体内の水分量が少ない などです。

 水分をこまめにとる、エアコンで室温を適正に保つなどの予防策は高齢者ご本人にも気を付けていただくことはもちろんですが、ご本人では気づかないことも多く、ご家族や医療福祉にかかわる多くの人たちの注意深いケアも必要です。

 また、熱中症にかかってしまったときの水分、ミネラルの補給には市販の経口補水液が体への吸収が早く、症状の軽減効果が高いそうです。だからと言って、予防的にこれを飲むことは効果がなく、普段はお茶などでこまめに水分を取るほうが良いそうです。

  市町村の取り組み事例として、武蔵村山市が紹介されました。武蔵村山市では「生き生き元気お助け隊事業」という取り組みを行っているそうです。これは地域住民から見守りの担い手を募集し、熱中症予防、介護予防の人材を育成し、七十五歳以上の高齢者宅約六千三百世帯を五月~七月にかけて戸別訪問を行い、熱中症予防の普及啓発運動を行なっているそうです。

号泣でストレス解消できる?

泣いてたくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意なども軽減されるのだそうです。

これは涙を流すことによって、脳がリラックスした状態のときに働く副交感神経のスイッチが入るためと言われています。

痛みをこらえたりして流す涙には効果はないようです。これは感情的に泣くこと、特に「感極まって泣く」涙の効果が最も大きいといわれています。

しかも、このストレス解消の効果は持続性が高く、週末に数分間号泣すれば、一週間くらいは心が穏やかな状態が保てるのだとか。

と言われても・・・なかなかね。特に、男性はむずかしいですよね。

今度車の中で悲しい物語のビデオでもみて試してみようかと思います。

心に残るお問い合わせ

「○病院から△老人ホームまではいくらかかるか?」といった料金に関するお問い合わせの電話をよくいただきます。

お問い合わせの9割はこういったどこからどこまでの料金はいくら?といったものです。その時、その時で丁寧に説明し、お答えをしています。

 不思議ですが、こういったお問い合わせから、ご依頼に至ることはほとんどありません。

 そんななかで、最近、印象深いお問い合わせをいただきました。 それは、「御社のドライバーさんの介護に関する資格と、どのような経歴をお持ちか教えていただけますか」というお問い合わせでした。

 その方はお体の不自由なお母様を介護タクシーで転院させるにあたって、どんなドライバーなら安心できるか考え、ドライバーの資格と経歴(医療・介護現場の経験者かどうか)を介護タクシー事業者の何社かに聞いてみたと話されていました。その要件が、当社にご依頼をいただく決め手となったようです。  

 こんな問い合わせをいただき、ご依頼をいただくと、ご家族、ご利用者様の信頼に真剣に答えねばという思いがこみ上げてきます。(どんな時でもその思いは心に秘めていますがさらにということで)

 「誠意に勝る奉仕なし」わが恩師の言葉、あらためて心に刻みました。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

脳が若返るトレーニング

 中高年になると、「物忘れがひどくなった」、「ミスが増えた」などと訴える人が多くなります。実をいうと私も最近、車のキーや携帯電話を置き忘れ家中探しまくったりしています。でも、一言に老化のせいとはいえないかもしれません。

 調べてみると実は、脳というのは人間の体の中で最も長寿な器官。鍛えれば最大百二十歳まで生きる力を持っているそうです。普段の生活の中では決まった範疇の脳しか使いませんが、新たな刺激を与えることで、今まで使われなかった脳細胞が活動し始め、実年齢に関係なく成長するのです。

  一番重要なことは『記憶』を辿ることなのだそうです。夜寝る前に十代、二十代の頃、そして一週間前ぐらいのことを思い出し、そのときの自分の感情を思い出します。そのうちウトウトし、それがそのまま睡眠導入にも繋がります。

 そして、もう一つお勧めは、『未来日記』をつけることです。例えば、まず今日の朝食・昼食・夕食を書き留めます。特に朝、何を食べたのか思い出せないことが多いかもしれませんが、毎日トレーニングしていくうちに鮮明になっていくでしょう。次に、最も重要なポイントですが、この日記の最後に『明日の楽しみ』を一言付け足します。内容は何でも構いません。明日はあの洋服を着ようとか、朝はあれを食べようとか、あの人に電話してみようとか、楽しい未来を想像しながら書くといいですね。

 人は、普段の生活の中でたった1%の脳しか使っていないそうですから、脳を研ぎ澄ますことで『認知症』や『物忘れ』などの改善に繋がるそうです。『記憶を辿る』+『未来日記』を毎日続けていくうちに、脳が活性化し、新しい脳力が開花していきます。「物忘れは歳だから仕方ない」などといわずがんばりましょう。

◎東京消防庁認定事業者になりました

IMG_0094.JPG

 いちごケアタクシーは今までも利用者様に対して安全、安心の送迎を実施するために、自己研鑽を重ねてきましたが、さらなるスキルアップを図るため、本年4 月この認定基準に適合し、東京消防庁の認定事業者となりました。車両には「東京消防庁認定民急患者搬送車」という表示をすることが許可されています。ただ し、消防機関の認定があるとはいっても、緊急に医療機関への搬送が必要と判断される患者について搬送することはできません。 消防機関では、一般に介護タクシー等が行っている、要介護高齢者や身体障害者、傷病者等の医療機関への入退院、通院および転院ならびに社会福祉施設への送迎事業を「患者等搬送事業(通称民間救急、略称では民急)」と規定しています、

その事業を利用する利用者の安全、利便の確保、さらに事業者の質的向上を図るため、乗務員の資格や使用する車両の構造等について消防機関が一定の基準を定め、それに適合する事業者を認定し、ホームページなどを通じて広く住民に公表しています。

認定基準の主な条件は、乗務員に対して、「患者等搬送乗務員基礎講習の受講」し、「患者等搬送乗務員適認証の交付」を受けること、さらに、その後も「定期講習の受講」が義務付けられています。これにより、乗務員は搬送技術や救命救急技能の取得、各種の感染症に対する対応などを学ぶことができます。

使用する車両に関しては「ストレッチャー及び車いすを確実に固定できる構造」をもつこと、「携帯できる通信設備を設置」すること、「応急手当、救命救急に必要な資器材を搭載」することなどが規定されています。

 

試してみては? 花粉症に効くハーブティ

『三寒四温』という言葉があるように、日本の春はまだまだ寒さが繰り返します。 安定しない気候の上、花粉症などに悩まされている人も多いのではないでしょうか。ハーブの中でも 『花粉症に効く』と言われている、ペパーミントティをご紹介しましょう。 ペパーミントは主にアレルギーに効くハーブティの代表格。 ミントポリフェノールの優れた抗アレルギー作用が鼻づまりやクシャミを抑えます。 市販のミントティーに、できればお砂糖を加えないでお茶代わりに飲むと効果てきめんです。

医療崩壊で死亡率、医療費、救急車の搬送回数すべてが下がる

北海道夕張市は財政破たんにより市内唯一の私立病院が無くなりました。高齢化率は45%にもなる市民はどうなってしまうのかと思われましたが、驚いたことに、結果として市民の健康は財政破たん前より健全に保たれたのです。 いったい、夕張市で何が起こったのでしょうか。 日本人の病気の大半は、生活習慣病から来ているといいます。生活習慣を変えれば病気になりにくいということはわかっていてもなかなかできないのが現状です。そして、症状が出てしまったら、医療のお世話になるというパターンが出来ているように思います。 しかし、夕張では頼る医療が無くなり、必然的に自分たちで健康を維持する努力をしなければならなくなったのです。となり近所で誘い合いながら、工夫を凝らしてきたその結果、病気の発症が抑えられ、当然病院、医療のお世話になることが少なくなったのでしょう。 医療に頼らなくなった結果、高齢者も自宅で地域に温かく見守られ天寿を全うするようになりました。 そうはいっても医療体制が整わないことがいいことではありません。不慮の怪我や病気のために、医療体制も万全に越したことはありません。 夕張市にも医療体制が一日も早く整うことを願いますが、医療に頼ることなく、自分たちができることで病気を予防する。この気持ちを強く持つこと。これだけは見習っていかねばならないものだと思います。なかなかできないことですが...(メタボの解消...努力します!)

【ヒートショックにご注意】 

久しぶりに更新です。  

 寒い日が続きますね。冬場は入浴中に意識を失い、溺れる事故が多くなります。その主な原因は、暖かい場所と寒い場所の温度差による血圧の急激な変動です。

 これは『ヒートショック』と呼ばれ、心筋梗塞や脳梗塞、意識障害などが起こりやすくなります。

 これらを防ぐには温度差が大きくならないよう、脱衣所に暖房を入れ、浴室はシャワーをまいたり、浴槽の蓋を開けて湯気を充満させるなどして事前に暖めておきましょう。

 お湯の温度は三十八度~四十度ぐらい。心臓から遠い場所からかけ湯をし、湯船に入るといいでしょう。

 また、入浴で汗をかくため、血液中の水分量が不足しないよう、前後にコップ一杯の水分をとる習慣を。

 体調が悪いときや飲酒後の入浴は避けてくださいね。快適、かつ安全な入浴を日頃から心がけましょう。

認知症の行方不明者1万人

先日、NHKで認知症の特集番組を放送していました。その中で認知症の人やその疑いがある人が徘徊(はいかい)などで行方不明になったとして警察に届けられた件数について、警察庁が去年(平成25年)はじめて公表したと報じています。その数は、おととし(平成24年)1年間で、のべ9607人、死亡は359人。さらにこの24年末の時点でも行方が分からないままの人は208人に上ることが分かりました。

  NHKの独自の取材では徘徊で保護したものの、認知症のため名前や住所が分からず、身元が分からないまま施設で暮らしている人もいることも分かりました。こうした人は、取材時に全国で少なくとも4人いました。このうちのお一人は7年間身元が分からず保護されていましたが、放送によって身元が判明したことが後日ニュースで放送されていました。

 対策についても取材されています。すでに20年前から釧路で警察や行政、民間などがネットワークを組んで、地域ぐるみで行方不明者を捜す「SOSネットワーク」という取り組みがされていました。残念ながら導入しているのは全国の自治体の3分の1にとどまっていて、しかも、活発に稼働しているのはその半数以下にとどまっていました。しかし一方、ネットワークが機能している地域では多くの命が救われていました。 ネットワークの稼働には、警察や行政だけでなく、地域の人たちの力を結集する必要があります。スムーズな連携をいかに作り上げるか、なかなか難しい面があるようです。

 認知症を患う高齢者は増加の一途をたどります。徘徊による問題はこれから一層深刻になるはずです。少しでも早く、効率的な対策やシステムが全国に普及し、認知症の高齢者を徘徊で行方不明にしない地域社会が実現してほしいと思います。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP